希望する学校を目指す|医学部予備校に通って受験対策をする

教師と生徒

塾での指導タイプにつて

先生と生徒

集団指導と個別指導

医師を目指して医学部受験する受験生は少なくありません。中には一度社会人を経験してから、医学部受験を目指す人もいます。ただし、医学部受験は専門の予備校があるくらいなので、大学受験の中でも特別な存在といっても良いかもしれません。医学部受験を行う上で、予備校通いというのはほぼ必須といっても良いでしょう。しかし医学部予備校にも色々な種類があり、自分の性格や学力に合わせた学校を選ばなくてはいけません。また医学部予備校には集団指導タイプと個別指導タイプとに分類できます。集団指導塾の場合、一緒に授業を受ける生徒はライバルでもあり、同じ目標を目指す仲間でもあります。仲間たちとの間で競争心を生み出し、そのことが自分が思っている以上の学力アップを引き出すことにつながります。また仲間同士で切磋琢磨することで、辛い受験勉強を乗り切れるといった側面があります。更に集団指導を行う場合、年間を通したカリキュラムとなっているので効率よく勉強できます。一方個別指導塾の場合、講師とマンツーマンで授業を受けられます。自分のペースで勉強したい、或いは分からないことを気軽に聞いてみたいと考える生徒には合っている指導タイプです。また生徒に合わせたカリキュラムを作成できるため、無理なく最後まで学習を続けることが可能です。集団塾の学習に消化不良を起こした受験生が、個別指導塾で勉強し直すケースもあります。集団指導と個別指導にはそれぞれ特徴があるので、どちらが優れていると言うことはできませんが、自分の性格などを考慮して選んでみると良いです。