希望する学校を目指す|医学部予備校に通って受験対策をする

学生
教師と学生

多様な生き方ができる高校

通信制高校は、通信教育による自宅学習を基本とした高校です。正規の高卒資格が取れるうえ、出席日数の縛りが少ないため、昼間の時間を勉学や趣味、仕事などに活用することで人生の目標に向けての早いスタートが切れるというメリットがあります。

先生と生徒

塾での指導タイプについて

医学部予備校には色々な種類があり、どこが良いのか迷ってしまいます。医学部予備校には集団指導タイプと個別指導タイプとに分けることができ、それぞれに特徴があります。そのためどちらが優れているとは言えませんが、自分の性格や学力に応じて選ぶと良いです。

名門校を目指そう

教材

挑戦は予備校選びから

医学部は名門校も多く、毎年非常に多くの挑戦者がいます。医学部は医師への挑戦権であり、一生を決める学部でもあります。名門校はそのまま大学の研修医になるルートも多く、非常に安定したルートを獲得できるチャンスです。医学部が全国の国公立・私大に学部がありますが、特に東京の私立や国立の医学部は偏差値も高く、全国から挑戦者が集まってきます。大学を突破するにはセンター試験・前期試験・後期試験とありますが、まずはセンター試験を確実に突破することです。センター試験の得点によっては志望校を変更せざるを得なくなります。そのため、東京で確実に学力を高める場合には、医学部予備校へ通う必要があります。医学部予備校は学校への登竜門です。医学部予備校は都内に多数ありますが、人気の医学部予備校の場合は推薦入試などにも備えており、小論文対策の講座も開いています。また、私大の医学部を得意とする予備校もあり、試験内容が大学によって大きく異なっているので、確実に目標私大に向けて学力を蓄えられるように講座が開かれています。従来の予備校は高校3年生や受験生が通う場合が多かったのですが、高校1年の入学と同時に東京都内の医学部予備校に通う人が増えています。また、東京都内のこうした予備校には近隣県からの通学を行う人も多く、土日も勉学に励んでいるのです。少人数の口座からマンツーマン講座まで幅広いスタイルの予備校があるので、学力に合わせて学校選びを行いましょう。

勉強道具

選ぶときのポイント

中学受験における塾選びはとても重要ですが、規模や実績にとらわれず子供にあったところを選ぶことが大切です。そのためには塾の無料体験を積極的に活用しましょう。保護者が授業を参観できたり、全科目体験可能であったりすると良いでしょう。